大人と同じ箸を使うと虫歯になる!?

生まれた我が子が、将来虫歯で悩むようにことになって欲しくないと願うのが親では
ないでしょうか。

もし親が頑張る事で子供が虫歯になりにくい体質になれるのなら、
実践したくないですか?

虫歯になりやすいかなりにくいかと言うのは、口の中にある虫歯菌で決まります。

虫歯になっていないのに菌?と思うかもしれませんが、この菌が虫歯に発展する為
なるべく口の中にはない方が良いのです。

この菌ですが生まれた時はありません。

外から入って感染します。

つまりなるべく入れないように阻止する事が大切になり、それは両親や祖父母の努力で
できるものなのです。

どうやってうつるのか?

虫歯菌を所持している大人と一緒のお箸やスプーンやフォークで食べさせたり、
口に入れたものを入れたりすると移ります。

大人で虫歯に一度もかかった事がない人は少ないので、虫歯菌がゼロと言う人は
まずいないでしょう。

ですからどんなに歯を綺麗に保っている大人からでも菌は移ってしまうのです。

でも遅かれ早かれどこかで移るのであれば小さい時に頑張らなくても良いのでは
ないかと思いますよね。

口の中に入れる菌の数と言うのは決まっています。

生まれた時は菌がゼロですから、そこから少しずつ色々な菌が入ってきますが、
まだ小さい年齢の頃に虫歯菌が入ってくると余裕があるので、沢山入る事が
できます。

しかし年齢が上になり、他の菌で1杯になっていれば虫歯菌の入れる隙間が
ないので保持する数も少なくなります。

ですから虫歯菌が口の中に入る時期が遅ければ遅いほど、保持する数が
少なくて済む事になるのです。

大体1歳を超えた頃から2歳半から3歳ごろまでが勝負で、子供が虫歯に
ならないために大人と同じ箸を使わなければ、虫歯になりにくくなります。

2歳までに虫歯菌を持ってしまった子供と、感染しなかった子供が4歳までに
どのぐらい虫歯になったかの実験を海外でしたところ、なんと16倍も差が
ありました。

2歳までに虫歯菌に感染しないと、ほとんどの子供が虫歯になって
いなかったのです。

このデータからもやはり、2歳から3歳までが親の頑張りどころだと言う事が
わかりますよね。

忙しく子育てをしていると、箸を1回1回変えて食事を与えるのは大変なので
大人と同じ箸になりがちですが、将来子供が虫歯になりにくくするためにも
2膳用意して使い分けるようにしましょう。

そして祖父母の家に帰省した時も、夫婦の意向を伝え徹底してもらいましょう。

虫歯菌をなるべく入れない事が将来虫歯に悩まない最善策の1つですよ!

⇒虫歯菌除去成分配合!ブリアンはこちらへ

サブコンテンツ