大人と同じ箸を使うと虫歯になる!?

生まれた我が子が、将来虫歯で悩むようにことになって欲しくないと願うのが親では
ないでしょうか。

もし親が頑張る事で子供が虫歯になりにくい体質になれるのなら、
実践したくないですか?

虫歯になりやすいかなりにくいかと言うのは、口の中にある虫歯菌で決まります。

虫歯になっていないのに菌?と思うかもしれませんが、この菌が虫歯に発展する為
なるべく口の中にはない方が良いのです。

この菌ですが生まれた時はありません。

外から入って感染します。

つまりなるべく入れないように阻止する事が大切になり、それは両親や祖父母の努力で
できるものなのです。

どうやってうつるのか?

虫歯菌を所持している大人と一緒のお箸やスプーンやフォークで食べさせたり、
口に入れたものを入れたりすると移ります。

大人で虫歯に一度もかかった事がない人は少ないので、虫歯菌がゼロと言う人は
まずいないでしょう。

ですからどんなに歯を綺麗に保っている大人からでも菌は移ってしまうのです。

でも遅かれ早かれどこかで移るのであれば小さい時に頑張らなくても良いのでは
ないかと思いますよね。

口の中に入れる菌の数と言うのは決まっています。

生まれた時は菌がゼロですから、そこから少しずつ色々な菌が入ってきますが、
まだ小さい年齢の頃に虫歯菌が入ってくると余裕があるので、沢山入る事が
できます。

しかし年齢が上になり、他の菌で1杯になっていれば虫歯菌の入れる隙間が
ないので保持する数も少なくなります。

ですから虫歯菌が口の中に入る時期が遅ければ遅いほど、保持する数が
少なくて済む事になるのです。

大体1歳を超えた頃から2歳半から3歳ごろまでが勝負で、子供が虫歯に
ならないために大人と同じ箸を使わなければ、虫歯になりにくくなります。

2歳までに虫歯菌を持ってしまった子供と、感染しなかった子供が4歳までに
どのぐらい虫歯になったかの実験を海外でしたところ、なんと16倍も差が
ありました。

2歳までに虫歯菌に感染しないと、ほとんどの子供が虫歯になって
いなかったのです。

このデータからもやはり、2歳から3歳までが親の頑張りどころだと言う事が
わかりますよね。

忙しく子育てをしていると、箸を1回1回変えて食事を与えるのは大変なので
大人と同じ箸になりがちですが、将来子供が虫歯になりにくくするためにも
2膳用意して使い分けるようにしましょう。

そして祖父母の家に帰省した時も、夫婦の意向を伝え徹底してもらいましょう。

子供用歯磨き粉、ブリアンの最安値情報はブリアン歯磨き粉の最安値ならここ!|ブリアン歯磨き粉最安値KIDに載ってます。

虫歯菌をなるべく入れない事が将来虫歯に悩まない最善策の1つですよ!

>>子供に虫歯は遺伝するの?

 

虫歯は妊娠中に治療&産後は定期健診を

同じ箸を使わないにしても、虫歯菌を感染させないように徹底していても虫歯になってしまう。

その原因として、感染源である親の予防から始めることが大切です。

先ほど話したように同じ箸や食器を使わないというのは大前提の話で、大げさに言ってしまえば、キスをしたり顔を近づけて話をしたり、クシャミをするだけでも感染する可能性はゼロではありません。

親が虫歯菌をたくさん持っていれば、それだけ感染しやすい環境になるし、子供が虫歯になってしまった後に予防を徹底したとしても、親が虫歯ならまた子どもにうつしてしまうことも。

実際に子供が何度も虫歯になるので、親が虫歯菌検査をしたら虫歯菌が多かったり、
親子でDNAが同じ虫歯菌が見つかっていることから、虫歯にしないためには親も気をつけなくてはいけないのです。

これから出産なら、虫歯がある場合は安定期に治療をして、虫歯が無くても定期健診をうけておくと良いでしょう。

特に妊娠中は口内環境も悪くなり、歯肉炎も増えます。

つわりで歯磨きができなかったり、食べづわりで脱灰と再石灰化のバランスが悪くなってしまったり、妊娠中に急なトラブルで歯医者に駆け込む人も多いです。

そのため、しっかり出産までに歯医者に通っておくことで、赤ちゃんの虫歯へのリスクも減らすことができるし、何よりも自分が歯に悩まされることもなくなります。

産後、なかなか歯医者に行けないと虫歯も進行するし、口内環境もどんどん悪くなってしまいますからね。

できることなら、出産前にしっかり歯のトラブルはクリアしておきましょう。
また、産後は授乳中など歯医者さんに相談しながらの治療になります。

安心して子供を連れて行けるところがあれば良いですが、なければ預かってもらわなければいけなかったり、頼めるところがなくてガマンしてしまう・・・なんてことも。

そうなると、歯が生え始めた赤ちゃんにとって『一番の感染源』であるママが原因で虫歯になってしまいます。

しかも、上に子どもがいるなら、当然上の子にも気をつけなくてはいけないので、子供だけでなく身近にいる人も一緒に口内環境を良くしていくことが大切です。

・時間が無くて歯医者にいけない
・病院や歯医者が嫌いで行きたくない

こんな考えはNG!

子供にお手本になるように虫歯は妊娠中に治療して、産後も子どもと一緒に定期健診に通いましょう。

検診費用はかかるかもしれませんが、虫歯になった時に通う回数と労力、他の歯への虫歯リスクを考えれば、虫歯ゼロを心がける方が断然メリットがあります。

⇒虫歯菌除去成分配合!ブリアンはこちらへ

サブコンテンツ