子供の口内炎の原因と対策

口内炎になると大人でも痛いです。

それが子供にもできると当然辛く食べ物を食べるとしみるので、食事量が
落ちてしまう子が多いです。

最初は気づかなくても食欲がなくなって気づいたり、何となく機嫌が悪くて気づく事も
多いです。

食欲が落ちると体力も低下するので、口内炎にならないのが1番です。

まずは原因を知っておきましょう。

口内炎とは口の中や周りの粘膜が炎症を起こしている状態で、原因は様々です。

1番多いのがアフタ性口内炎と言われているもので、栄養に偏りがあって栄養不足だったり
疲れが溜まっていたり睡眠不足によって、何らかの細菌に感染する事を言います。

何か特定のウイルスや細菌に感染する場合もありますが、上記のような特定できない
細菌である事が多く、原因は良くわかっていないですが、免疫力が落ちていたり
胃の調子が悪かったりすると感染するので子供もなりやすいです。

特に病気の時や病み上がりで体力が消耗している時になりやすい為、余計に
食事が喉を通りません。

子供の口内炎のできる場所ですが、大人と同じで頬の裏側や歯茎など
口の中の様々なところにでき、赤く腫れあがったり、白い斑のような症状となります。

口内炎に頻繁にかかる人ならわかると思いますが、一度できると中々治らないのが
口内炎の厄介なところです。

しかも口の中なので薬を塗っても直ぐに取れてしまうため効果が効きにくいですし、
子供だと気になって舌で触ってしまうのでさらに治療しづらいです。

もしできてしまい早めに治したい場合は医者に診て貰い、薬を処方してもらうと
完治も早いです。

薬局でも薬は売っていますが、効果が効きづらく完治するまでに時間がかかって
しまいます。

病院でもらった薬を飲むのと同時に行いたいのが、口の中の細菌をやっつけるためのうがい。

小まめにうがいをして口腔内を常に綺麗にしておく事が大事なので、外出先から
戻ってきたときだけでなく、家の中でも頻繁にうがいをしましょう。

そして子供に口内炎を作らせない為に、日ごろから歯磨きをきちんとして口の中を
清潔に保っておく事が大事です。

歯磨きをきちんとやらずに食べたものが残った口の中には、ばい菌や細菌が
繁殖しやすいため、口内炎にもなりやすくなります。

また歯磨きをすれば虫歯対策にもなり、一石二鳥ですよね。

痛い子供の口内炎、なる前に予防です。

歯みがきを常日頃行いましょう!

そしてもしなった場合も歯みがきとうがいをきちんと行う事が、完治する一番の近道に
なる事を覚えておいてくださいね。

⇒歯磨きが変わる!?ブリアンはこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ