子供の虫歯は遺伝するのか

虫歯になると大人でも痛いです。

また治療にも痛みが伴いますし1回では終わらない為、何度も歯医者へ通わないと
いけないので大変です。

そんな大変な思いを、我が子にはさせたくないと思うのが親ではないでしょうか。

でもどんなに頑張っても虫歯になる子もいれば、毎日のように甘いものを
食べているし、歯磨きもそれほど頑張ってしている様子もないのに虫歯に
ならない子もいます。

この差はなんでしょうか。

もしかして遺伝するのでしょうか。

虫歯なる原因は色々ありますが、その1つに虫歯菌があります。

この虫歯菌を持っているかいないかで虫歯のなりやすさが変わってきます。

つまりどんなに歯ブラシを頑張っていても、虫歯菌を持っていると虫歯に
なりやすくなりますし、逆にこの菌を持っていないと虫歯にはなりにくいのです。

このことから子供の虫歯はもしかして遺伝するのかなと思われがちなのです。

しかし生まれた全ての赤ちゃんの口の中には虫歯菌はありません。

無菌状態で、みな同じスタートラインなのです。

それが日常生活を送っていく途中で、虫歯菌が口の中に入り込んでしまいます。

この日常生活と言うのは親とのふれあいですから、当然一緒に暮らす親から
移される事になります。

ですから親が虫歯菌を持っていて口移しで食事を与えたり、同じ食器を
使用すると移るのです。

このことから虫歯が多い親の子供は虫歯になりやすくなるため、遺伝したかのように
感じるのです。

さらに虫歯の原因の1つに食べ物もありますが、キャンディやチョコレートなど
常に口の中に入れている時間が長い甘いお菓子は虫歯になりやすいです。

一緒に生活していると親が好きなものをおやつに出す事が多いですし、このような
お菓子を食べていると大人も虫歯になりやすくなります。

その結果、親が虫歯になりやすい甘いお菓子を常日頃食べていると、子供も
食べるのが習慣になり、それが虫歯の原因となります。

これも子供の虫歯が遺伝しているかのように感じる理由の1つになります。

これらの事から言えるのは子供の虫歯は遺伝はしません。

ただし虫歯の原因を作るのは親の責任である事を覚えておきましょう。

大人が虫歯になるのは自己責任ですが、子供は親が守ってあげないと
いけないです。

なるべく虫歯菌を保持しないような生活を送ると共に、甘いものをずっと口に
入れたままにしない事、そして歯ブラシの習慣を付けてあげましょう!

子供は親を見ています。

虫歯にならない生活習慣を親がしていれば、子供も自然に身につきます。

遺伝したなと思われないような日常を送りましょう!

⇒虫歯予防の新習慣!ブリアン歯磨き粉はこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ