子供の虫歯にも痛み止めは使えるの?

小さい子供でも虫歯は大人と同じようにできます。

そして歯医者に行き治療を行わないといけないのですが、大人が痛いように治療も痛いです。

では子供でも痛み止めは使えるのでしょうか。

また治療中だけでなく、家で突然歯に痛みが出た時に痛み止めを飲んでも問題は
ないのでしょうか。

昔から胃腸薬として使われているものを歯に埋めると一時的に痛みが治まるなど
言われていますが、むやみに自己判断で行ってはいけないです。

でも子供は痛がっているし、大人の鎮痛剤を使うわけにはいかない・・・

しかも歯医者が営業時間外で空いていないと、痛みで泣いている子供をそのまま
放置しておく事はできないですよね。

子供の虫歯も初期の段階では周りも本人も大抵は気づかない為、痛みは突然襲ってきます。

そんな時は薬局に行き子供の年齢を伝え、その子の年齢にも使用できる痛み止めを
もらってきましょう。

大人の飲む鎮痛剤の弱いものが売っているので、薬剤師が常駐している薬局なら
相談にのってくれますので購入すると良いでしょう。

しかし鎮痛剤はあくまで一時的なものなので治療にはならないです。

歯医者が営業している時間に連絡をして直ぐに連れて行き、処置をしないとまた痛み始めます。

では子供が虫歯になった時、歯医者で痛み止めを打ってくれるのでしょうか。

これも気になるところです。

痛み止めなしでの治療は大人でも痛いので、それを子供にと考えると無理と
考える親がほとんどです。

子供の虫歯の状況によりますが、基本的に子供の歯を削る時の機械はほとんどが
痛くないようなものを使うので、麻酔なしでも耐えられることが多いです。

子供は歯医者に行くことを嫌いますし、歯医者をみると怖がります。

ですからスタッフはなるべく恐怖を与えないよう、痛みがでないような治療を
心がけているところがほとんどです。

強制的に治療を行う小児歯科のようなところもありますが、大抵は子供の気持ちを
優先し、痛みがないので安心して行えると言う事を伝え、本人が納得した上で
治療を行えるようにしています。

それでも痛みを訴える子供の虫歯には痛み止め、つまり麻酔を使う事もあります。

最近の麻酔の注射はほとんど痛みを伴わないので子供でも頑張れますし、成分も
子供でもOKなものでできているので安心です。

子供の虫歯に痛み止めは使えるものが薬局で手に入るので、痛みを訴えるようなら直ぐに
相談に行き処方してもらい、その後は歯医者へ予約してくださいね。

⇒虫歯ケアのブリアン歯磨き粉!最新情報はこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ