虫歯になっても削らない治療方法

最近の子供の虫歯は削らないで治療をしていく方針の歯医者が多いことを、
知っているでしょうか。

虫歯があるのに削らないの?と驚く方も多いでしょう。

しかしこの頃の治療方法は削らず、これ以上酷くならないように処置をして
経過を見ていくと言うのが、主流になっています。

今までの治療方法で考えると小さいうちから削って、酷くならないように進行を
しないようにするのが多かったです。

でも歯を削るのは痛いですし、乳歯は柔らかく大人の歯よりも小さい為、直ぐに
神経に届いてしまいます。

削る事で虫歯になりやすくなってしまうのです。

そこでフッ素を塗って、それ以上虫歯が酷くならないように抑えていく方法を
選択する医師が増えてきました。

小さな虫歯ならホームケアがしっかりする事で、虫歯の進行を抑える事ができ、
削らなくても酷くなることがないからです。

フッ素もしくは、シーラントと言うプラスチックのようなものでケアする場合も
ありますが、どちらも元々予防として使われているものです。

虫歯にならないために歯が生え揃う1歳半ごろに歯医者でフッ素を塗り、
半年に1回ぐらいのペースでフッ素を塗ることで、虫歯予防をするのです。

この予防の為のフッ素やシーラントは虫歯になってしまった歯にも有効なのです。

親からすると黒く点々とした歯をそのまま放置するのは怖い気がしますよね。

しかし逆に考えると、虫歯ができたと言うことを子供に毎回見せながら歯みがきを
する事ができます。

虫歯があるよね、これ以上酷くなると削らないといけないよと伝え、削るのは
痛いから嫌だよね、だからきちんと歯を磨こうねと諭す事ができます。

子供も削るのは怖いですし痛いのは嫌なので、これ以上酷くならない為に
歯みがきを頑張ります。

そうする事でその歯の虫歯の進行を抑える事ができるだけでなく、
他の歯の虫歯予防にもなり、一石二鳥です!

ではどの程度の虫歯なら削らなくても良いのか?

これは子供によっても違いますし、医師の判断にもよりますので一概にこれぐらいと
言うのはないですが、c1ないし酷くなければc2でも削らなくても良い場合があります。

これは本当に医師の技量や考え方によって違ってくる為、もし絶対に削りたくないけれども
削りましょうと相談された時は、歯医者を変えてみるのもありです。

ただし、あまりにも酷い虫歯の場合は直ぐにでも治療をしないと神経にまで
到達してしまうので、虫歯ができたなと思ったらそのまま放置にする事は絶対に避け、
歯医者に行く事は大切です。

⇒虫歯にしないためにブリアン歯磨き粉!公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ