虫歯で神経を抜く事もあるので注意して

毎日頑張って仕上げはブラシをしているし、甘いものもあまり食べないようには
しているけれども虫歯になってしまった。

しかも神経にまで達している事が判明して・・・

まだ乳歯の園児でもこのような事があるのです。

神経にまで達していると、子供の虫歯でも神経を抜かないといけない事もあるので
注意が必要です。

虫歯になると痛みと言う自覚症状があって気がつきますが、子供の歯の場合は
痛みの感覚が未発達で痛みに鈍感な為、本来だったら痛いはずでも
気づかないまま酷くなり、神経を抜かないといけない状態にまで進行します。

と言うのも虫歯によって穴が空いた部分に食べかすが溜まり、炎症を起こして
歯茎が腫れて気づきますが、この痛みは痛んだり収まったりと繰り返す為、
痛がっていても翌日にはケロッとしているので見過ごしてしまうのです。

それに加えて子供の歯は大人のそれに比べて弱いです。

歯の表面は頑丈なエナメル質で覆われているのですが、これが大人に比べて
半分の薄さしかないため、虫歯の進行が早いです。

そしてその下の象牙質に到達すると虫歯の進行は早くなり、直ぐに神経に達して
しまいます。

神経まで進行しまった虫歯は激痛が走る事が多く、神経を取らないとその痛みが
取れない事があります。

そのままほっておくと顎の骨の方まで虫歯菌が入ってしまい、大変はことに
なる事もあるので神経を抜くと言う処置になるのです。

このように子供の歯が虫歯になると、神経を抜く選択をしないといけなくなる可能性が
高いので、その前に歯医者へ行きたいです。

神経は虫歯にならないためにとっても大事な役割をしています。

神経は虫歯になると痛いと感じてくれるセンサーになってくれるので、酷くなる前に
痛みで教えてくれますし、神経がある事で歯を守ってもくれます。

虫歯ができると歯を固くしたり、歯の一部を作って歯を守る事で虫歯の進行を
遅くしてくれるのです。

しかし神経がなくなるとそれができないため、虫歯になると進行が早く気づくと
神経を抜かないといけなくなるほど酷くなっている事に・・・

それだけでなく神経を抜くと言う事は歯が死んでしまうので、歯が黒く変色してきます。

にこっと笑った時に我が子の歯が黒ずんでいて白くないのは悲しいですし、
周りからの印象も違ってきてしまいますよね。

子供の歯の神経もとても大事な役割をしていますので、虫歯で神経を抜くことに
ならないようにしたいです。

子供が痛がったら直ぐに歯医者に連れて行ってくださいね。

⇒人気の虫歯ケア!ブリアン歯磨き粉はこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ