子供の虫歯のc1~c4とは?

歯医者に行くとc1とかc3とは医者や歯科衛生士が話しているのを、聞いた事は
ないでしょうか。

これは虫歯を表す言葉で、大人も共通している記号なので覚えておくと良いです。

まずアルファベットのcと言うのは虫歯のことを表します。

ですから歯医者に行き、cと言う言葉が先生からでてきたら残念ながらお子様は
虫歯です。

そして数字は虫歯の進行度を表し、c1からc4までの段階で進んでいき数字が
上がるにつれて深刻な虫歯になります。

次にそれぞれの段階の状態です。

c1は虫歯の初期の段階で、ほとんど自覚症状がないため気がつきにくいです。

この時点で気づくと治療が簡単で、本人もあまり痛みを我慢せずに治療が
できるので良いです。

見た目は歯に少々穴が空いていたり、茶色くなっていたりします。

c2はこれよりも少し進んでしまっていて、エナメル質の下の象牙質と
言われる部分にまで達してしまっている状態になります。

この頃になると甘いものを食べたり、冷たいものや熱い物を食べるとしみて
くる状態なので、子供本人が痛みを訴え気がつく事が多いです。

c2になると削る・被せる・つめると言う治療が必要にはなりますが、まだそれほど
深刻な状態にはなっていないので、少なくてもここで気づくと重症化せずに
済みます。

ただ象牙質まで到達しているとここからの進行が早い為、子供が痛みを
訴えたら直ぐに歯医者に連れて行くことが大事です。

c3はかなり進行していて歯の神経にまで到達している為かなり痛み、お子様も
苦痛です。

神経をとって治療しないといけないため痛みも強いですし、通わないと
いけない回数も多くなりますので、ここまで放置しないようにしたいです。

c4までくると重症化していて神経が死んでいる状態です。

神経が死んでいて歯の根元が残っているだけなので、痛みは感じませんが
歯が弱っている為、抜歯をしないといけないです。

つまり歯が1本少ない状態になってしまうので、大人の場合は被せる方法も
ありますが、子供の歯の場合は強度が弱いため抜く事がほとんどです。

抜歯は避けたいので、c4まで歯医者に行かないということは絶対に避けたいです。

子供の虫歯のc1~c4知っておくと歯医者に行った時に、自分の子供が
現在どのような状態なのかわかって便利なので、頭の片隅に入れておいて
くださいね。

そしてなるべくc3やc4まで進行する前の段階で歯医者に行きましょう。

大人でも神経まで到達している虫歯の治療はつらいです。

重症化する前のc1やc2で治療する事が大事になりますよ。
歯医者に行くとc1とかc3とは医者や歯科衛生士が話しているのを、聞いた事は
ないでしょうか。

これは虫歯を表す言葉で、大人も共通している記号なので覚えておくと良いです。

まずアルファベットのcと言うのは虫歯のことを表します。

ですから歯医者に行き、cと言う言葉が先生からでてきたら残念ながらお子様は
虫歯です。

そして数字は虫歯の進行度を表し、c1からc4までの段階で進んでいき数字が
上がるにつれて深刻な虫歯になります。

次にそれぞれの段階の状態です。

c1は虫歯の初期の段階で、ほとんど自覚症状がないため気がつきにくいです。

この時点で気づくと治療が簡単で、本人もあまり痛みを我慢せずに治療が
できるので良いです。

見た目は歯に少々穴が空いていたり、茶色くなっていたりします。

c2はこれよりも少し進んでしまっていて、エナメル質の下の象牙質と
言われる部分にまで達してしまっている状態になります。

この頃になると甘いものを食べたり、冷たいものや熱い物を食べるとしみて
くる状態なので、子供本人が痛みを訴え気がつく事が多いです。

c2になると削る・被せる・つめると言う治療が必要にはなりますが、まだそれほど
深刻な状態にはなっていないので、少なくてもここで気づくと重症化せずに
済みます。

ただ象牙質まで到達しているとここからの進行が早い為、子供が痛みを
訴えたら直ぐに歯医者に連れて行くことが大事です。

c3はかなり進行していて歯の神経にまで到達している為かなり痛み、お子様も
苦痛です。

神経をとって治療しないといけないため痛みも強いですし、通わないと
いけない回数も多くなりますので、ここまで放置しないようにしたいです。

c4までくると重症化していて神経が死んでいる状態です。

神経が死んでいて歯の根元が残っているだけなので、痛みは感じませんが
歯が弱っている為、抜歯をしないといけないです。

つまり歯が1本少ない状態になってしまうので、大人の場合は被せる方法も
ありますが、子供の歯の場合は強度が弱いため抜く事がほとんどです。

抜歯は避けたいので、c4まで歯医者に行かないということは絶対に避けたいです。

子供の虫歯のc1~c4知っておくと歯医者に行った時に、自分の子供が
現在どのような状態なのかわかって便利なので、頭の片隅に入れておいて
くださいね。

そしてなるべくc3やc4まで進行する前の段階で歯医者に行きましょう。

大人でも神経まで到達している虫歯の治療はつらいです。

重症化する前のc1やc2で治療する事が大事になりますよ。

⇒赤ちゃんから始めるブリアン歯磨き粉はこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ