乳歯の膿の原因が虫歯の場合も

乳歯でもしっかりと歯を磨かなかったり虫歯菌に沢山感染していると、虫歯に
なります。

しかも子供の虫歯が酷くなって下に膿ができてしまうことがあります。

乳歯の下の部分、つまり歯茎が膿んで痛みを伴い、酷くなると根っこの部分が
腐ってしまいます。

虫歯だけだったはずなのに、気づくと歯茎が膿んでしまっている・・・

子供の歯で良くあることで注意しないといけない事の1つです。

虫歯は歯の中にできるものですが菌が外に飛び出し歯茎に炎症を起こさせ、
膿が溜まります。

また膿をそのままにしておくのは体にも悪いので、気づいた時点でかかり付けの医者に
相談をしましょう。

治療方法ですが、このような状態になると深刻で、中々完治する事は難しいです。

元々子供の虫歯は大人よりも神経に到達しやすく、奥まで削る事が難しいです。

これは乳歯の方が永久歯よりも小さいため、虫歯が直ぐに下まで侵食してしまうからです。

このため悪化すると膿をもつほど酷くなってしまう事も多いです。

膿が溜まると歯茎に痛みがあるのももちろんですが、歯茎の色が変わったりそこから
膿が出てくる事があります。

治療法は脱脂綿で膿をとり、薬を入れていくと言う作業を根気良く続けていくしかないです。

中々完治する事が難しいため、永久歯への影響が気になりますよね。

では永久歯への影響はあるのでしょうか。

子供の虫歯が原因で膿が溜まっても乳歯がしっかりしていればその後、根を
治療する事で完治しますが、炎症が酷いと根治は難しく永久歯への影響を
考えて乳歯を抜くことになります。

ただしここでむやみやたらに抜くとその後の歯並びに影響するので、できるなら
奥歯は抜かなくても良い方向にしたいです。

というのも6歳ごろに生えてくる6歳臼歯が乳歯の奥歯のさらに奥に生えてくる為、
奥歯を抜いてしまうと、生え方が真っ直ぐいかず倒れて生えてくる可能性が
高いからです。

そして1番奥にあった乳歯の部分に生えてくる永久歯の生える場所がなくなり、
舌の方へはみ出るように生えてきてしまい、結果歯並びを悪くしてしまうのです。

子供の虫歯が原因で膿が溜まりその結果、永久歯にまで影響がでて歯並びを
悪くしてしまうのです。

歯並びが悪くなると矯正をしないといけなくなりますので、お金がかかるだけでなく
子供に痛い思いをさせないといけないです。

そうならない為にも歯みがきをしっかりと行ない、虫歯を作らない事が大事です。

膿が溜まると完治が遅くなるだけでなく、永久歯にまで影響が出てくる事を
覚えておきましょう。

⇒乳歯から徹底虫歯ケア!ブリアンはこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ