虫歯予防にはミュータント菌がポイント

虫歯は菌による感染症で、この菌のことを「ミュータント菌」と言います。

子供の虫歯予防には、いかにこのミュータント菌に感染しないかがポイントになります。

生まれたての赤ん坊の口の中には菌はいません。

育っていなく中で3、400種類もの菌が増え、生息し始めるのですがその中の1つに
ミュータント菌があり、この菌が虫歯の原因の1つになります。

人によってこの菌の数は違い、少ない人ほど虫歯になる確立が少ないです。

しかも一度感染すると口の中から外に出すのは難しいため、小さい頃にいかに感染しないかが
その後大人になってからの虫歯のない人生を送れるかの分かれ道となります。

ではこのミュータント菌にはどのように感染するのでしょうか。

この菌は唾液から移る為、大人が使用している食器と同じもので食べさせたり、
大人の口の中に一度入れたものを子供の口の中に入れると感染してしまいます。

さすがに昔のように口の中で噛み砕いたものを子供の口の中に入れる親は
少なくなりましたが、自分のお箸で与えている親は多いのではないでしょうか。

食事は子供も一緒ですから同じ食器で与えた方が楽なので、どうしても仕方ないのですが
これをすると感染してしまうため、気をつけないといけないです。

究極な事を言えば、可愛いからと口にキスをしても移るのです。

これは思い当たる親も多いのではないでしょうか。

また母親や父親が注意しているだけではダメです。

祖父母と同居していなくても夏休みや冬休みに祖父母の家に帰省した時に、昔の人は
同じスプーンやお箸で食べさせる事に抵抗ないので、気をつけましょう。

せっかく親が頑張っていてもここで菌を移されてしまっては努力が水の泡です。

将来子供が虫歯に苦しまない為にも、周りの家族みんなで注意しないといけないのです。

それでも感染してしまう事もあります。

ミュータント菌を口の中から排除する事は難しいですが、少なくする方法は3つあります。

1、キシリトールが50%以上含まれているタブレットを食べさせる。

子供用のキシリトールタブレットが売っています。

少し大きくなった子供にはキシリトールガムでも良いでしょう。

2、歯医者でクリーニングをしてもらう。

この菌は自宅では取り除く事が困難なので、歯医者で専用ブラシを使って磨いて
もらいましょう。

3、フッ化第一スズと言うフッ素が含まれている子供用専用ジェルを使う。

歯みがきを終えた後に、この専用ジェルを塗る事で減らせる事ができます。

虫歯にならないためにはミュータント菌に感染しない事が1番なので、面倒ではありますが
唾液には気をつけましょう。

⇒虫歯菌除去!ブリアン歯磨き粉はこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ